Baroqueの優雅な昼下り

2009年5月25日月曜日

人形浄瑠璃と文楽 展













国立劇場伝統芸能情報館で企画展示をみてきた。


阿波・淡路の人形浄瑠璃 と 文楽


ブロガー様たちとのやりとりで、‘人形浄瑠璃 と 文楽’ のちがいが、明確でないのに気がつき
どう区別するのかなア と軽く疑問を持ったばかりでした。

偶然 国立の情報館 で、 ↑ の展示が催されてる事を知った。しかも24日(日)まで~。

入館料無料
立派なパンフレット無料
こういった展示は、お人形・衣装・写真 に軽い題名のキャプションがついてるくらいと思ってたが、

いただいた 無料の立派なパンフレット が、とてもよくできていて、な~んとなく人形浄瑠璃と文楽の差が
解かったような気がする。

あまりにも うれしいので、そのパンフレットの一部を ↑ にコピーしました。
(クリックできます。 が、
最後の1まい ‘浄瑠璃と義太夫節’が、どうしてもうまく拡大できませんでした。
浄瑠璃の由来となった浄瑠璃姫が登場する ‘鳥居清長・牛若丸と浄瑠璃姫’ の 
有名な錦絵 の お写真が、よくみえないのが 特に 残念です。)
                     *
 ♪ 人形浄瑠璃のお人形は、大きい!  ♪
 会場に入って 目に飛び込みました お人形 !
 大きい・きれい・わかりやすい~。
  ‘人形 お七 ’ は、私とあまりかわらないくらいの大きさ~(かなりアバウトな測定ではある~。)





ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム