Baroqueの優雅な昼下り

2009年12月2日水曜日

プレミアムモルツ

新聞で 新歌舞伎座 が隈研吾氏の設計である事を読みました。 ↓

建築家・隈研吾さん 新歌舞伎座と根津美術館を語る
http://sankei.jp.msn.com/culture/arts/091117/art0911170811000-n1.htm

そういえば広尾の料理店の 分とく山 も 氏 の設計である事を思い出しました。
‘設計だけで客を呼ぶ料理屋’
ここはお昼の定食はなく 夕飯のみです。
繊細な日本料理なのにBaroqueはビールです。
夕方まで新酒の飲みすぎ(二日酔い、三日酔い)ではげしい頭痛でした。
今日は歩きすぎたせいか、
夕飯に間にあって、頭痛はなくなりスッキリしてしまいました。
日本のビールはおいしい。
歩きすぎたので おいしい。
料理はおいしい。

呉服などの展示会で、
運よくおさそいを受けていった料亭 は、
すばらしい。
そういうところは、何度いっても、心配が先立ちます。
不相応なんでしょうね。
ここはいいです。気軽で、気楽にたのしめます。
夢中で 早食い でしたので、写真写す余裕はなかった。
およそ1週間に1回 献立が変わるようです。
次の満月の頃にでもまたいきたい。

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム