Baroqueの優雅な昼下り

2008年12月3日水曜日

本日初日! 佐倉義民伝

  12月大歌舞伎、本日初日!

‘歌舞伎の醍醐味のひとつ、義理と人情の この世界!’
  苦しむ民衆のために、
  佐倉の宗吾は、妻子と離縁し、四代目徳川家綱に直訴!

成田に行く時、京成の ‘宗吾参道’ 駅を通る。 気がつけば 気持ち お参りしてた。
もっとも、スカイライナーの時は、分からない~。
 楽しみにしてた演目で、しかもこの佐倉宗吾は、はじめて観る!
本日初日は、以外にすいてて、三階は、ガラガラ、大相撲の九州場所のテレビを、観てるような気がする。
 

 幸四郎さん=高麗屋= の佐倉の木内宗吾 (佐倉の木内惣五郎)、なんと おじいさんの初代中村吉右衛門 さんが、演ずると客席からお賽銭が投げ込まれたようです。
 また、すばらしかったのは段四郎さん=澤潟屋=! (宗吾を手助けする ‘渡し守甚平衛   ~。’
現在では、印旛沼に 甚平衛橋 が、完成したとか!) ‘ 宗吾’と ‘福助おさんや子供達’ との別れの場面が、長すぎると思った。大事な場面なのでやむを得ないのでしょうが、そういえば、あの、離縁状は、あれでいいの?


師走だわ。
師走の銀座~。














変わらないわ~ なんかほっとする。

もっとも、歌舞伎座が、改築されるそうだ。今では、少なくなった銭湯の造りにも似てるこの建物!
ふつう高麗屋が、よく出演する国立劇場よりも、なぜか楽しかった歌舞伎座!座席とトイレの厳しさは飛行機でいえば、エコノミーとビジネスクラスの差  いえいえ、乗ったことないけどフアーストクラスの差カナ~。
観劇中 エコノミークラス症候群 を、本気で心配するほど~。でも、他の劇場にない 楽しさ があった。なんだろう? 新しい劇場にも、ひきつがれるといいな~。多分大丈夫!国技館が、あんなに大きいのに、充分スゴイ!


先日、成田空港に行く時に写した 京成の 宗吾参道!













‘途中下車して~’の機会に、巡り合う事 は、ない と思われるので、何時の日か、ちゃんとお参りしよう。

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム