Baroqueの優雅な昼下り

2009年1月24日土曜日

岩佐英治 アナウンサー

そういえば 初場所 まだ終わってないと、おもい、なにげにラジオのスイッチをONする。聴こえてきた聞き覚えのあるアノ声!岩佐アナ様でした。えっえっ、早くから聴いてればよかった。舞の海さんとのやりとりは、実に面白い!得した感じ!キセノンの話も、バルトの話も面白い。土俵のおすもうさんの取り組みよりも、面白い。得した感じ!

 五月場所は、岩佐アナ様の日は、国技館にいないBaroqueです。

そして、その前の次の大阪場所は、遠いので、 ‘こころおだやか場所’です。


おすもうフアンも、いろいろな方がいて、お話すると楽しい。
若い、きれいな 御婦人で ‘巡業’ 好きの相撲フアンは、 ‘巡業 の時は、現役力士からサインをもらったり、一緒に写真を写したり、めったに見られぬ土俵上の力士の笑顔が見られていい、巡業はいい、巡業はいい ’と、おっかけに熱心です。とても熱心です。  横綱、大関と会話できるそうです。 (巡業は、いいわね~。)

いろいろなフアンがいてカードという方もいます。フアイルにいれてる。(実は、私はこれが、よく分からない、なんか揃えてるらしい) 

そういう私は、‘巡業おっかけ’は、無理なので、 ‘引退の花相撲 組’。  31日は、栃乃花、栃栄のお式がある。出羽ノ海一門の関取が玄関正面で、紋付羽織、袴の正装で、一堂に会する。


ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム