Baroqueの優雅な昼下り

2010年8月31日火曜日

バイロイト音楽祭2010

バイロイト音楽祭2010から 
(世界初の生放送 )
8月21日(土)の夜中から朝にかけて BShi で 放送されました。

長い曲です ので あきてしまいます。
部分的に超有名なところしかしらないので、
集中して聴く(観る)事が、できないでしょう。

世界初の生放送 というので
その事に魅力を感じ、まったくミーハーの気分で 
日本時間夜中の生放送を録画!
(なんとなく、先日のサッカーを思い出し、間違わないように 慎重に・・・・、
録画が無事できました。)

10日以上かかって、少しづつ聴き(観)ました。

これが、それが
すばらしく よかった!
すばらしい・・・!
なめてかかってはダメです。(もったいない)
気合入れないと、負けそう・・・・
さすがです。


名物
フアンフアーレが、鳴り響きいやが上にも気分は盛り上がります。
(お相撲なら ふれ太鼓 かしら?)

バイロイトは涼しそう・・・。
(今年の夏は、ヨーロッパの西の北の方は、涼しかったそうですね。)

            ・・・♪・・・・

楽劇‘ワルキューレ’全3幕

管弦楽 バイロイト祝祭管弦楽団
指揮  クリステイアン・テイーレマン

ヨハン・ボーダ
ヨン・クワンチユル
アルベルト・ドーメン
エデイット・ハラー
リンダ・ワトソン
藤村実穂子


このために編成される バイロイト祝祭管弦楽団 のすばらしさ。
まだまだ わかい テイーレマン !
そして
がんばってます 日本の藤村実穂子さん。

 
テレビの録画をみたおかげで

‘ 世界一の夏の音楽祭 ’といわれてる理由が ほんの少し わかりました。
すごい。
ヨーロッパすごい。
ゲルマンすごい・・・

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム