Baroqueの優雅な昼下り

2009年3月5日木曜日

イースタン・オリエンタル急行

シンガポール料理を食べてきた。






↑のお店で、沢山おいしくいただいた。ビールは、その名も ‘タイガービール’ !さっぱりしておいしかった。シンガポールは、行った事がない。日本と因縁浅からぬ地(野村亨氏)だそうだ。私は ‘澁澤龍彦の高丘親王航海記’ で、盤盤や羅越などの表記で登場するのをたのしんだ。儒良、獏、迦陵頻俄などなど博物学的いきものも、たのしんだ。



イースタン・オリエンタル急行が、1994年に誕生したらしい。それについての雑誌を、保存してた。下の写真↓。



シンガポール、マレーシアにいけたら、乗ってみたい。でも、滞在時間に限りのある観光旅行では、こんなに余裕のある時間はとれないとおもう。なんせ必死で、飛行機で、観てまわるだけ、だろうから~。憧れだわ。

昨年、サグレブに行った時、オリエンタル急行の停車駅 と、聞いたので、帰ってから、復習のために‘007ロシアより愛をこめて’のDVDを買ってきた。画面でアナウンスされる停車駅が、原作と少し異なってる。映画の撮影の時代設定が、違うのかな? 

ついでにヒッチコックの バルカン超特急 と、アガサクリステイの オリエント急行殺人事件 も買って来て、見た。


                         *

3月24日(火) 記す

↑上記の記事の誤りについて

007の原作と映画のオリエント急行の停車駅のアナウンスが異なってると書き込みました。が、映画ではアナウンスがありませんでした。(アナウンスがないので、停車駅は異なってません。)

アアガサ・クリステイの‘オリエント急行殺人事件’の映画をほとんど、同時に観たので分からなくなりました。

007ロシアから愛をこめては1955年頃の設定

オリエント急行殺人事件は1935年頃の設定  のようです。

つまり ’55年頃はギリシャのテッサロニキに停車。

     ’35年頃はブルガリアのソフイアに停車。

列車の停車駅のアナウンスを聴くのが、すきです。

新幹線に乗り込んでいきなり ‘次は盛岡’ なんていわれたら びっくりします。(あわてて降りました。)

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム