Baroqueの優雅な昼下り

2009年12月24日木曜日

アレグリ・ミゼレーレ

いっきに ヴァチカン は システイーナ礼拝堂

教会音楽史不朽の名曲

モーツアルトのエピソーートで有名な秘曲!



アレグリ(1582~1652) の ミゼレーレ  の CD です。



わたしはこの曲のCDを2まい持ってます。

ケンブリッジ、キングスカレッジコーラス の 方がすきです。

もう一枚は、

タリス・スコラーズ 。



はたして この曲が、クリスマスにふさわしいのかどうかがわからない。

タリス・スコラーズのほうの解説は、日本語です。

ありました。

復活祭に先立つ聖週間の水曜日から金曜日のみの演奏だったそうです。



今は、極東の国・日本で・CDで・本日聴いてます。

アレグリのミゼレーレはクリスマス・キャロルではないのですね。



        ・・・・・・・♪・・・・・・

12月はバイロイト音楽祭の ‘ 月 ’ です。

毎年FMで ‘ ドイツの夏の音楽祭 の 放送 ’ を12月にやってくれます。

むかしは、うれしくてテープに録音したものでしたが、最近は録ってません。全曲は飽きてしまいますし、わたしはMDへのダビングは1日1回しかできないのです。

毎朝6時のバロックのダビングだけです。

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム