Baroqueの優雅な昼下り

2009年12月10日木曜日

シャングリ ラ

シャングリ ラ とは、チベット語で チベットの理想卿の事だそうです。

チベットの古来より伝わる伝説の理想卿だそうです。

↓はジェイムズ・ヒルトンの  ‘失われた地平線’  を 1937年に映画化されたものです。

あのすばらしい ‘チップス先生さようなら’ の映画化されたものをみたいとはおもいませんでしたが、‘チベット’・‘シャングリ ラ’の魅力ですDVDでみました。
本もさがしました。日本語訳はみつかりません。


今年の3月、東京駅八重洲口、(丸の内デス)に シャングリラホテル東京 がオープンしました。


新しいものがすきな、わたしはきのういってきました。


ランチは その名も‘マレーシアBENNTOU’ !


香辛料たっぷりのお弁当はとてもおいしかった。


BGMはなぜか ‘グノーのアヴェ・マリア’! 


そうか、クリスマスが近いんだ。


ビールはアジアの もの はなく、日本とイギリスの生ビールだった。


まわりをキョロキョロとみまわしたが、ビールを飲んでるひとはいなかった。


このホテルからは、富士山がみえる場所は少ないそうです。(お近くのマンダリンの ‘ケシキ’ からは、しっかりみえます。)


そのかわり 筑波山 が見えるようですが、曇ってました。


国技館の屋根を確認できましたのでうれしくランチできました。


国技館はマンダリンでは、トイレにいかないと見えません。


シャングリラホテルは香港を基点としてるそうです。ここのところ東京には中国系のホテルが乱立!


弁当食べながら日銀もみたので、三井村へ・・・・。


‘日銀・三井本館・日本橋’ をカメラにおさめ 三越で新年を迎えるためにすこしお買い物!

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム