Baroqueの優雅な昼下り

2010年3月1日月曜日

500系新幹線さよなら

500系新幹線(JR西日本が開発)が、

2月28日 

のぞみ(東京~博多間)としての運行を引退した。

下の写真は 28日・午後0時30分東京発⇒午後5時44分博多駅に到着した 

‘のぞみ’ としての500系新幹線

今後は山陽新幹線(新大阪~博多間)




‘こだま’ として運行します。






        ・・・・・・・・・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




500系は1997年3月


山陽新幹線新大阪~博多間で、当時世界最速の列車としてデビューしました。


円筒系の車体が美しい500系です。


低騒音高速試験電車WIN350(ウイン350)の実験で得たデータを元に1995年に完成しました。(約1年間のテスト走行を重ねたそうです。)


その後、東京~博多間1069,1kmを結ぶ のぞみ 専用車両として活躍しました。


しかし


♪見るだけで、いえ、聞くだけでワクワクする


N700系の登場で、


今後は山陽新幹線・新大阪~博多間 の こだま として運行されるそうです。


               円筒形の500系 ↓




ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム