Baroqueの優雅な昼下り

2010年2月18日木曜日

2月17日の続き

映画(DVD)ハンニバル・レクター シリーズ(トマス・マン原作) の  5本中
の映画の中で、

3本も BGMとして

バッハのゴールドベルク変奏曲が演奏されてますが、


 全てピアノ でです。


おそらくグレングールド演奏とおもわれます。


(自信はないですが~)



わたしは、チェンバロが好きなので、


この曲のピアノ演奏はあまり聴いてませんでした。



以前にもブログで書きましたが、


最近は





 ♪ マルチン・シュタットフエルト(ドイツ人) のピアノをよく聴きます。
   (2002年のバッハ国際コンクールで最年少22歳で優勝。
統一後のドイツで優勝した初のドイツ人)

 


 ♪ 今年はショパンのコンクールの開催年だそうで、


  生誕200年でもあるそうですので 


  またとない ショパン記念イヤー にあたるようです。


  最もあたらしいショパンコンクール優勝者は


  ラフアウ・ブレハッチ(ポーランド人) でした。
  5年に一度のこの会は、
  15回目の1975年のクリステイアン・ツインメルマンから数えて
  25年ぶり(三人目)の
  ショパンの祖国ポーランドからの優勝だったのだそうです。





 ✾ マルチン・シュタットフエルト は、ドイツ人なのに


    バッハがうまい!


 ✾ラフアウ・ブレハッチ はポーランド人なのに


   ショパンコンクールの覇者!


 ✾近い将来


   日本人なのに横綱! の登場を期待してます。

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム