Baroqueの優雅な昼下り

2008年12月8日月曜日

クラーゲンフルト空港⇒スロベニア

ウイーン・シュベヒャート空港⇒クラーゲンフルト空港

             (クラーゲンフルト空港とは、オーストリアとスロベニア国境約40Kmのオーストリ

               アの飛行場、シュベヒャート空港からプロペラ機に乗り込み40分位で到着す

                る。

左の写真はオーストリアのクラーゲンフルト飛行場。いかにも ‘ヨーロッパのいなか’ という感じの看板!














それから国境を越えてスロベニアに入国、ブレッド市に到着!


下の絵ハガキの写真は、
ブレッド湖に浮かぶ小島の ゴシックの聖マリア教会!   と 
湖畔の 岩石を利用して築かれたお城 ブレッド城  !(右の方)
絵のようにうつくしいとおもった。


選択範囲の書式を削除



















下は、教会内部の美しいフレスコ画 (1470年頃か )



























ブレッド湖畔のブレッド城!

城内で、グーテンベルグ時代の印刷そのまま、といってる印刷の様子をみて、そのカードを買う。








15世紀中頃グーテンベルグが、ぶどうの搾り機から考え出したといわれてる。そういえば、なんとなく~ 似てるような~気がする。























絵のように美しいブレッド城

地元の人々は、Grad と いってる。


























ブレッド城(Grad)内の職人さん




42行聖書は、慶応大学も、もってるらしい。






























日本には、8世紀頃の(木版か金属版か不明の)百萬塔陀羅尼があり、これは法隆寺にある。(世界最古の印刷物といわれてる。)
国立国会図書館貴重書展:展示No.2 〔百万塔陀羅尼〕




なんといっても、世界一うつくしい版画は、 ♪浮世絵♪ と、おもう。 が、

  *これ! という作品が、今 すぐ には決まらない。




ちなみに下の写真は  クロアチアの  ‘ザグレブ国際空港’! で写したもの。
プロペラの飛行機!

    

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム