Baroqueの優雅な昼下り

2009年8月15日土曜日

琵琶湖 と 比叡山

蓮’ をみるために 今年も上野の不忍池にやってきました。
この時期 大好きな蓮 をみるために、不忍池にはよくきます。

不忍池=琵琶湖
上野のお山(東叡山)=比叡山
寛永寺    =   延暦寺
五重塔、平等院の鳳凰、法隆寺の夢殿、などなど
さがせば 江戸は上野には 沢山の ‘都’ があります。

都 と 江戸~。
当時の そのスケールの差は、歴然としてます。

♪ 今では、世界的な都市となってしまった 
 江戸(東京) の設立当初の意気込みが 
 なんとも いとおしい~。


↓ 弁天堂と精養軒の間、奥の方に五重の塔の相輪がわずかに見えます~。
この ‘動物園の五重の塔’ は、 この場所からが一番よくみえます。
木々が生い茂ってしまいました。姿がよくわかりません。





大都会の蓮!

不忍池で忍びました。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





蓮 の後、銀座のベトナム料理店で、ベトナムワインを買ってみた~。
Dalat wine (ダラット ワイン) ↓



一般的に葡萄は、緯度のもっと高い場所で採れるとおもってた。
気温なのでしょうね。

ダラットは地名です。ベトナムの高地だそうです。

ダラットはサイゴン(現ホーチミン)から
北へ200km余のうつくしい山の中だそうです。
当時、フランス人が開発したそうで、(土地もワインも~。)
日本のいわば軽井沢で、高級避暑地とか~。
(少し前、ベトナムはアメリカに勝って社会主義国になったんです。)

ダラットワインは、赤白あります。
赤に決めました。
お店の人がおしえてくれた。
赤は、蓮の実の香りがあり、養命酒のようなもので~、
甘みは少なく、不思議なお味でございます~。 と~。

白 には蓮の実の香りはないそうです~。
2本は重いので機会に恵まれたらそのときに~。

銀座からカポカポと わたしが電車で運ぶんですからたいへんです。
だいたい高級ワインは、自宅の地下倉から執事がおもむろに持ってくるモノのであって
カポカポワインのお味は養命酒! ・・・・・・・ ♪ ふさわしいわ ・・・・・・

ウン、変わってる~。なんか香るような気がする~。蓮かどうかは、わからないが~。
だいたい蓮ってどんな味?実、花、葉、根(蓮根)、中将姫~?????曼陀羅!





ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム