Baroqueの優雅な昼下り

2010年12月23日木曜日

キプロス観光Ⅴ

パフオスのモザイク

パフオスはB.C.2~A.D.4末頃までローマ時代のキプロスの都だったそうです。

東地中海の傑作とされてる

ギリシャ神話のモザイク画が沢山あります。↓




パフオスの町は町全体が世界遺産です。
聖パウロがムチ打ちの刑にあったといわれる柱・王の墓・パフオス城・アポロン神殿・クリオンの古代遺跡浴場劇場 など あるわあるわ 遺跡が・・・。

キプロスは四国の1/4ほどの面積ですが、その豊かさは想像以上です。

このパフオスは 島の南西部にあります。気候天候豊な自然に恵まれ 都 が栄えたのでしょうね。


そして これ↓がありました。

♪ アフロデイア海岸(ペトラ・トウ・ロミウ ) ♪

  ここで 愛と美の女神(アフロデイア・ビーナス)が

  泡から生まれた といわれてます。

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム