Baroqueの優雅な昼下り

2010年12月22日水曜日

キプロス観光Ⅲ

トロードス地方の ‘9つの教会’ の内 みたのは3つです。

その3番目は ↓ ペトラス村の 大天使ミカエル教会 です。

超がつく 質素な教会 でした。御近所の民家と区別がつきません。

が、

ここも内部はすばらしい壁画群です。

やはり 壁、天井まで埋め尽くされてます。

この3つの教会は撮影禁止になってます。

前の2つの教会の壁画は 絵はがきや本から拝借してます。

ここは、本も 絵はがき もありません。

この教会は、管理してるおじさんが留守でした。

村の人が そのおじさんをさがしてきてくれましたので

中に入れました。よかった。

そういえば昨日も4時には閉めてしまう教会でした。

(冬は 誰もこないだろう と、鍵をもってるおじさんの判断で

はやく 閉めてしまう事があるそうです。)

日本から 壁画を観るために来ました。

 ‘鍵’を持ってるおじさん と、祈る気持でした。

教会はこの案内坂の下の方にあります。

この案内板がないと おそらく見つからないでしょう。


           ・・・・・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓はトロードス山中にあるキッコー修道院です。

キプロスでもっとも名高い修道院だそうです。

900年の歴史を誇り 聖ルカが描いたマリア様が涙を流したという

イコンをみました。 全体は立派です。

いわゆるOrthodoxの修道院の造りで撮影可能の所がありました。

写真 ↓ は102歳になられるという聖職者様
マリア様を写しました。(多分あたらしいイコンとおもいます。) ↓


ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム