Baroqueの優雅な昼下り

2010年12月24日金曜日

キプロス観光Ⅶ

キプロスの写真 ↓



地中海には あまり 魚はいません。



石灰岩の影響でプランクトンなどはあまり生息せず 



透明度の高い地中海は 魚の餌になる小魚も少ないそうです。



小さいイカ・タコ・貝・名もなき魚 など少ししか獲れないようです。
(アドリア海沿岸の旧ユーゴもそうでした。)



そういえば樺山氏の ルネサンスと地中海 にも そのような事が書かれてました。(ニシンは北のほうから運ばれたと。)



地中海の お魚 ↓



おいしかった。これの前にイカ・タコがでました。



さらにその前に ↓の 海老 と 魚



その前にも なにかお皿がでました。



とにかく 量が多いんです。



猫ががっかりするほど 魚好きのわたしが降参するほどの 量 デス。



 ♪ワインがおいしい。



だからビールは少ししかのみませんでした。



コマンダリアというワインが地元のワインです。



これに限らずおいしいです。

そこで釣ってきた魚貝類 と 庭にあるレモンを添えて の

家庭料理的な食事 はうれしいです。

又、ゆきたい・・・。


        ・・・・・♪・・・・・・・・・・
いわゆる トルココーヒー↓



ここでは トルココーヒー とは 絶対いいません。



ギリシャコーヒー 又は キプロスコーヒー です。



(Alexanderという名の お店デシタ。)





↓ こういう朝もありました。 CyampagneBreakfast !




キプロスは現在 南北に分かれてます。

トルコ領の北キプロスに行くには かっては、トルコ本土からだけしか行けなかったようです。今は南から直接行けます。 ただしパスポートに出入国の印が押されると、もう南に戻れません。そこはうまくいくようで、別の紙に印を押してもらい北に入国・帰りは又その紙に判を押してもらうそうです。かってのベルリンのように首都ニコシアはグリーンベルトで分かれてます。ニコシアの中心地・チェックポイントから ‘ 向こう側は北キプロス ’ を のぞきました。
      ・・・・・・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・


今回の わたしの架空都市めぐり  は、おわりました。

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム