Baroqueの優雅な昼下り

2008年12月11日木曜日

青空文庫



新春の歌舞伎座は、 ‘俊寛’ の登場のようだ。

歌舞伎の ‘近松・俊寛’ は、どうも私が小さい頃からイメージしてる 俊寛 と、ち が う。
  どこか違って、落ち着かない。

  つまり好きになれない歌舞伎の俊寛! なのだ。
  
   現実(?)とイメージになぜ差が、ナゼ生じたのか?
   解決せねばならない。
   悩んでしまう~。

 
 この悩み(?)を少なくするために、Baroqueは行動に出た。

 青空文庫の活用!

 本日わたしは、
 倉田百造、菊池寛、芥川龍之介の ‘俊寛’ をダウンロード~。
 syunkan を横に読む~。
 まさに、平成の 俊寛 である。
  
 
 おまけに本日のBaroqueのBGMが、 
 バッハのマタイ受難 
 カラヤン、
 ベルリン・フイル  
 
 名演奏である。(ある意味で、カラヤンの場合 名録音!?)
 コレに勝る マタイ受難 が、この世にあるだろうか?
 私は、カラヤンのバロックが、好きだ。
 解釈だが、素人受けするこの華麗なポピュラー性!

 いいとおもう。

 このCDを自分勝手に編集した頃の若かりし日の あの情熱 を思いだす。
( カラヤンとソニーの大賀氏との交流は有名で、そういう意味でカラヤンを再認識スル。

 16億円も軽井沢町に寄付したという 大賀ホール に姉に連れて行ってもらたことがある。)



 (すこし前に小沢征爾のマタイ受難をテレビで、見たことがあるが、残念ながら、目にうばわれて、曲がよくわからなかった。おなじレベルなら 新しいモノが、絶対イイと信じてるが~ )



 ここで   長次郎の俊寛写し で、お茶を 頂きながら、
 Baroqueは、決心スル~。 師走の多忙きわまりなき日々を乗り切る~ と。






南東欧の濃いソースに少しあきてきた。
マキシムさんの演奏のリターンにたえられない。
又いつの日にかお会いしましょうね。


本日、大相撲初場所(一月場所)のチケットをゲット!
(ア~ア、マタイ受難を聴きながら~)



ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム