Baroqueの優雅な昼下り

2009年2月12日木曜日

紀元節

モンテネグロで買ったカレンダーをみてると、月曜日から始まっている。また、旗日の印が日本の祝日とちがっている。でも一年間楽しめるので、写真の多いのを、各地でよく買う。よく分からない日に印がついてるので、なんかのお祝いの日かなと、思い、他国の祝日に敬意を払う事があり、おもしろがっている。(日本とのかかわりがある事もあるかも知れないので、注意しないと~。)

今日のよき日やっとお雛様の登場!

去年、東博の平成館の薬師寺展で買った、赤膚焼のお茶碗も飾った。

なぜ薬師寺茶碗?

お雛さまと赤膚焼 !この二つの関係が、どうしてもわからない~。思い出せない。

夜になってやっと思い出した。去年、お彼岸が終わってしまたのに、おかたずけしようと思いながら、日一日と遅れ、大幅に遅れてた。

そして日光月光菩薩様の拝観にいってしまったのだ。会場で決心した。

来年は、この赤膚焼の薬師寺茶碗と、お雛様を一緒に飾ろうと思った、~事を~。

‘風が吹けば、桶屋がもうける!’
‘薬師寺’の文字を、うまく写せなかった。

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム