Baroqueの優雅な昼下り

2010年5月26日水曜日

ポンペイ展 

ポンペイ展にいてきました。

過去10年くらいで、4回目のポンペイ展を日本でみてます。

♪ 初めて:ポンペイ展をみたのは、横浜美術館でした。

初めてという事もあって 衝撃の展覧会でした。

フレスコ画の凄さを まざまざと みせつけられました。

現在の様子と噴火前のポンペイの様子を透明のフイルムで

重ね合わせて見ることが出来て、とてもいい図録を記憶してます。

♪2回目:品川 で、です。(絵画が少なくて、横浜美の事ばかり考えてました。

♪3回目:両国の江戸東京博物館でポンペイ展がありました。

♪4回目:今回です。ほとんどが ナポリ考古学博物館の所蔵品です。

今では、ポンペイには、もちろんあまりいいものありません。

最近知った事ですが、このナポリ考古学博物館にたくさんあるそうです。

とても評判がいいのでいってみたいと思ってました。

わたしは、ナポリ考古学博物館にはいかなかったので、うれしいです。

過去のポンペイ展では、どこの所蔵品かは分かりません。‘ポンペイ最後の日’や噴火で亡くなったといわれてるプルニウスの事など、などを考えてましたので・・・・。

今回も キリスト教が入ってくる前のローマの神様(ギリシャの神様を受け継いだ)!を沢山みる事ができました。

ここでもひとつの宗教(キリスト教)が大きく発展するためには、土着の宗教の犠牲がありました。(他の宗教もそうです。ユダヤ・ヒンドー・儒教←ミシマ説) それにしても、1世紀頃の文化のレベルの高さに、又又びっくり~。



右手の具合が大分いいので、少し元気がでました。

ラベル:

2 件のコメント:

2010年5月27日 6:42 に投稿, Blogger noribeyaoyaji さんは書きました...

フレスコ画、久しぶりに聞きました。懐かしいです。美術の本を見て、小さな壁画もどきを作ったのを思い出しました。
その後、指の具合はいかがですが?
真っ直ぐにくっついていますか?

 
2010年5月27日 19:59 に投稿, Blogger Baroque さんは書きました...

Oyaji殿
フレスコは、ものすごく壁画の耐久性がいいそうですね。
そうですか、作った 過去 ありますか。

骨折して1ヶ月!
リハビリまでこぎつけました。
深く考えない 人生 デス。

それでは、29日の出島の断髪式にいってきま~す。

 

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム