Baroqueの優雅な昼下り

2010年6月21日月曜日

アルバニア ⑦





国境を超えて アルバニア です。




鎖国政策をとってたそうで


ヨーロッパで最も謎にみちてるといわれてる国といわれてた。


道中、目立つ ↑ 建物



トーチカだそうです。


1990年までに国政により国内に約6万個(一説に50万個)のトーチカを国民につくらせたのだそうです。(人口約300万人の国です。)




               *




アルバニアの皆様ごめんなさい。 


お国を紹介すべく もっといいもの 沢山ありますよね。↑ ↓


少し前の時代の遺物 が印象に残ってしまいました                  ♪
 ↓ ありました。ここにも TOYOTA が・・・・・。













                  ♪

まだまだあります。 ↓


トーチカ が、


今では 


どうやら 物置 にしてるところも・・・・。


トーチカは日本語だそうです・・・・(ロシア語:自爆スル  とか。)








ラベル:

2 件のコメント:

2010年6月21日 22:13 に投稿, Blogger noribeyaoyaji さんは書きました...

トーチカも、悲惨な戦いを創造させますね。

 
2010年6月22日 0:26 に投稿, Blogger Baroque さんは書きました...

oyaji殿
のんびりと風景にとけ込んで
ある意味 観光 になってます。
アルバニアは
穏やかな地中海気候・ながい海岸線・アドリア海の重要な港町ドウラスを持つなど 地理的条件に 恵まれすぎて 多くの国々から 古代から熱い視線を浴びてるように思いました。

 

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム