Baroqueの優雅な昼下り

2010年6月23日水曜日

あれこれ・・・・





梅雨の季節です。



その名にふさわしいと おもい



梅酒をジャムの空瓶に造りました。



(つまり 少しデス。)



           ♪



お相撲の事



お相撲が好きなので、



その責任感(・・・・?!)から少し・・・。



次から、次から~、もう頭かかえてます。



でも、名古屋場所はあるべきです。乗り切って下さい。



(正確なデーターを持ってませんが、日本史始まって以来、最も苦しかったこのたびの戦争中でさえ、‘場所’ が開かれなかった事は何回あるのでしょうか?



あのつらい時代でさえ 関係者は 本場所を開くためにどれだけ努力した事でしょうか。丈夫なお相撲さん達は何人国内にのこってたでしょうか。観客はいたのでしょうか。わかりませんが、その時代の事を想像しますと、今の事態はなんでもないです。本場所とりやめ なんてとんでもない事です。ここで屈しては頑張ってくれた諸先輩に申し訳がたちません。



おすもうには大甘のわたしです。






うつくしく・清いだけの白河に、 魚 は棲みません。



もとのにごりの 田沼 は恋しいです。






相手によりますが・・・・・・。






世間知らずのおすもうさん!



たいして罪の意識なしに手を染めてしまったのではないのでしょうか。



いわば 被害者 とおもってます。






ある程度は、大目にみてやってほしいです。



この ある程度 の線引き の 解釈はむずかしいです。



              ♪



 本来の日本人の おおらかさ という意味 で



 禊・祓(みそぎ・はらい) で穢(けがれ)を お祓い してもらい



 塩で



 清めて もらえば それでいいのではないでしょうか。



              ♪



文科省様



注意したり、怒ったり、脅し(法人がどうのこうの・・) ばかりの



 お役人・お上ぶり 



だけでは、何の解決にもなりません。



うつくしい日本の文化・日本の伝統文化 の保存、維持、発展させるために



努力して下さい。御助言下さい。がんばってください。

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム