Baroqueの優雅な昼下り

2010年6月25日金曜日

ボスニア・ヘルツエゴヴィナ ⑫

*サラエヴォ

今回の目的のひとつは、

第一次世界大戦勃発の地といわれてる 

サラエヴォのラテイン橋 を みたい という事でした。

資料の少ない旧ユーゴですが、このラテイン橋のことは

沢山の本にあります。

分かりやすい ↓ の本を コピーしてみました。


見るのつらいですね。 ↑ 


サラエボ市内にある ラテイン橋です。 ↓

わたしの心配なんて 必要ないです。 ↓





ここが、発射現場だそうです。↓


その現場は、博物館となってます。 ↓




‘ うたかたの恋’ で有名な衝撃的事件の後です。

オーストリア・ハンガリー帝国のその次の後継者に決まってた

皇太子フランツ・フエルデイナントが‘青年ボスニア’のプリンツイップ によって 殺害された サラエヴォ事件 の事です。
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラベル:

2 件のコメント:

2010年6月26日 7:16 に投稿, Blogger noribeyaoyaji さんは書きました...

 今でも簡単に起こりうる事件ですね。要人にSPが付くのもナットクかな。

 
2010年6月26日 21:06 に投稿, Blogger Baroque さんは書きました...

パラグアイってどこ?
(地図で調べないと・・・。)
日時も かくにん しないと・・・。

 

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム